会社概要| 会社沿革| 主要設備| 営業品目| 採用案内| 会社地図
インキの色(CMYK)と光(RGB)の色
   カラー印刷で使うインク(正確にはインキ)はシアン(青)・マゼンタ(赤)・イエロー(黄)・ブラック(黒)と通称CMYKの4色で構成されております。 それが光に反射し、それぞれ色としての光が私たちの目に入り色として認識されます。光の色はレッド・グリーン・ブルーの通称RGBの3色で構成されます。 3色と4色では4色の方が色を掛け合わせるとたくさんの色ができそうなものですが、光のほうは自然界のすべての色を再現しますので基本的にRGBの3色でほとんどすべての色を表現できるのです。テレビやパソコン のモニターがそれですが、逆にインキの4色ではモニターの色をうまく印刷で再現できない場合が多くあります。具体的な例としてはRGBで綺麗なコバルトブルーを作り それをCMYKに置き換えるとくすんだ群青色となってしまいます。
   ところで最近手軽になったパソコンから印刷できるインクジェットプリンタは従来のCMYKの4色からさらに微妙な再現にこだわり6色とか7色ものインクを使ってこの光の色に挑戦しつづけています。 画質も印刷よりも写真?とでも思えるほど飛躍的に向上しています。
  しかしながら、印刷のスピードと紙を選ぶところはまだまだ改善の余地があるかとおもわれます。


トップページ

会社概要| 会社沿革| 主要設備| 営業品目| 採用案内| 会社地図
株式会社 八郎潟印刷